CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 24時間テレビメインパーソナリティ | main | しやがれ >>
旅の終わりのドタバタ劇場

娘とパリ旅行に行っていたのは

ちょうど1か月前のこと。

先月の今日、

ワクワクした気持ちで羽田空港に向かって

いたんだなあ。
時間の流れがホント早い!
あっという間に桜が咲いて、散って、

紫陽花が咲いて
金木犀の香りが漂ってきたかと思ったら

クリスマスですよ〜。
(ってあまりにも急ぎ足か(笑))
でも、一日・一日を大切にして、
毎回の嵐さん出演の番組、

大事にありがたく鑑賞しないと
2020年の年末が嫌でもやってきてしまうんですね・・。

そんな時間の流れのお話とは全く別の、
旅行中に私がやらかした「へま」を

恥ずかしながら

ちょっと書いてみたいと思います。
『バカだなあ〜』って声が聞こえてきそうだけど、
恥を承知で書いちゃいます。
 ↓


あれは旅行最終日。
予定では11時ホテルチェックアウト、
飛行機の時間から逆算すると、時間に凄く余裕が
あったので、事前に確認していたJCBプラザが
空港行のバス乗り場がある「オペラ・ガルニエ」の
すぐ近くで、荷物も預かってくれるって事だったので
まずはそこを目指して重くなった荷物とサブバック持って
ごろごろごろごろ・・・。
パリのメトロはほとんどエスカレーターがないので
かなり辛い!
で、ホテルから最寄の駅に到着して「オペラ」方面の
乗り場に移動・・したはずが、
電車に乗って気づいた!「反対方向走ってる!」
ガーン・・これはママのミスです、すみませんm(__)m
次女に侘びつつ反対側のホームに移動しようと思ったら
「この駅から地上に出るとオペラ行きのバス停が近いよ〜」
と次女が掲示された地図を見ながら教えてくれた!
次女さん、今回の旅行でかなりいろいろ学んだみたいで
ほんっと頼りになる。
「マジっ!?じゃあ重い荷物持って行ったり来たり
する必要ないね!助かる〜♪」
そして、バスの停留所を捜しあて、ホッとすること数分。
来ました!来ました!95番のバス。
これに乗れば行きたいところまで座ってられるし
あたりを見渡せば、バスのルートはコンコルド広場や
ルーブル美術館、セーヌ川などで
観光も兼ねられて、旅の終わりにこれは良い感じ。
と、ちょっと和んでおりました。
交通渋滞なのか、道路工事なのか、
ちょっとルートが変わったらしく
「ここで降りて」的な運転手さん。
フランス語が良く分からない日本人母娘を気遣って
おじいちゃんが何度もいろいろ教えてくれて
(でもやっぱりフランス語だから良く分かんないんだけどね(笑))
とにかく荷物を持って降りる私と娘。
っとここで気づいた。
『!!!!!(血の気の引く音が聞こえた気がする)』
母『バック忘れてきちゃった!!!!』
娘『? バスの中なら今取ってくればいいじゃない』
母『@#&%$!!!』←もーう何言ってるか分かんないくらい
 テンパる
母『違うっ!バス乗り場にサブバック置いてきちゃったよおおお(泣)』
娘『マジっ!??』

海外旅行で物を置き忘れたらふつーに考えて
『無くなる』事は容易に想像でき、もうその時点で
「オーマイガッ」状態でした。
道路は混んでるからTAXIはNG、荷物重いから足手まとい、
結局その場で次女が荷物番して、
私はWiFiとスマホとメトロの路線図と
ナビゴ(スイカみたいなやつ)を持って
脱兎のごとく走りだしメトロへ。
それが、東京の地下鉄だって最近良く分かんないのに、
パリのメトロで、しかも8割がた娘の後ろついて歩いてたので
ひとりで走り出したはいいけど、もーう何が何だか
パルプンテ状態で、かなりテンパってました、私。
どうにかこうにか行き方が分かり、メトロ乗っても
祈るばかり。
『神様、どーかフランス人がいい人ばかりでありますように・・』

そして、もといたバス乗り場に戻ってみると、
荷物を置いたはずのベンチには、何もない!
何もないよおお・・・ない・・ない・・・あ〜
どないしよ(泣)
あのバックの中には帰りの飛行機のeチケットや家の鍵や
メガネとか充電器とか、なんだかんだ大事なものが
沢山入っていただよお・・・。
そう考えながら、未だ心臓バクバクでそのうえ
バックがなかったショックでしかも一人ぼっち、
どうしよう、えーと・・えーと・・・
意味もなくベンチの周りを歩き回っててふとバス停横の
教会の塀を見たら、塀に立てかけてある自転車のサドルに、
私のバック!!!!
あった!
あった!
ひ〜!!神様!やっぱりフランス人はいい人でした!(喜)
ひざガクガク(緊張と喜びで)しながら
自転車からバック取って、バス停のベンチで中身チェック。
無くなってるものはないか、変なものは入ってないか、
隅から隅までよくチェックして、
全部無事!
ひ〜!!良かったあ!
もうこんな大ボケは絶対しません!
ごめんなさい!ごめんなさい!と誰に謝るでもなく
心の中でずーっと反省。
そして、WiFiは私が持ってるから繋がりっこないんだけど
LINEで次女に報告。
そうしたら、どこかをふわふわ飛んでるWiFiキャッチしたらしく
次女から返信。
『良かった!!すぐ戻ってこれる??』
またここから次女のところに戻るのに一苦労だったんですが
(どこで降りたかいまいち分かっていなかったから)
どうにか合流できて、ぎりぎり空港行のバスにも
間に合って、事なきを得ました・・・とさ。


次女には、散々待たせ、心配させた挙句
旅の終わりの余韻を感じることなくばたついてしまい
恐縮この上なし。
『これは何か御馳走して貰わなくっちゃなあ〜』
って言われて、
『もちろんです!もちろん何か御馳走させて頂きますっ!』
と言った割には、空港にあんまり美味しそうなものがなく
ラデュレのマカロン一個買ってあげただけになってしまった。

そんな、旅の終わりの珍道中でした。
パリはデモもあったり少し前にメトロで事件もあったり
したから、特に注意を払って行動していたはずなのに
とんだ大ボケかましてしまい、ほんっと大反省でした。

こんなことないと思いますけど、
皆様も『置き忘れ』にはお気を付けくださいませ。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!

| | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://makimama.jugem.jp/trackback/35232
トラックバック
メールはこちら