CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 嵐さん記事 | main | 麻央さん >>
0泊弾丸台北ツアー

こんあいば☆

 

今夜はしやがれがないので先日の台北日帰り弾丸ツアーのこと

ちょっと書いてみます。

お暇な方は読んでみてくださいませ♪

 

台北の日帰りツアー、TVでも時々特集していたり、

ちょいちょい色んな方のブログを観ていたので、

いつかやってみたいなあ〜って思っていたんですけど、

たまたまチェックしたPeachの0泊弾丸キャンペーンが

往復で9,800円、諸手数料を入れても15,000円かからないで

行けるので、

こりゃ北海道行くより安いじゃないか!って事で

娘たちとスケジュール調整して実現できることに!

もともと、函館行きがずいぶん前にAIR DOの予約していたので

そこは動かせず、でも、その翌日の木曜日、

Peachが予約可能だったので

もうこれは私が頑張れば実現できると言う事で予約しちゃいました。

海外旅行だけど予約時にパスポートNO入れる以外はほぼ国内旅行と

同じような予約で、QRコード等が送られてくるだけの

簡単な手続きでした。

 

水曜日はいつものように早朝出かけて函館日帰りで行って、

帰宅後掃除や洗濯、お風呂入ったりして、23時前に次女と出発。

長女が比較的羽田空港に近い所に住んでいるので

そこで仮眠を取って、明け方前にTAXIで羽田国際空港へ。

 





 

Peachってお安いだけあって、座席と座席の間がめっちゃ狭い

って良く耳にしていたし、行かれた方のブログなどでも

足元ギリギリな画像がアップされていたりしたんですけど、

今回、往路は3人並びの非常扉横。

非常時のお手伝いや、注意事項などあるけれど、

その分足元が凄く広くて、座っていても前を通れるくらいで

足も組めるし伸び伸び出来ました。(リクライニングは出来ない)

今回、座席指定していなかったし、次女のスケジュールが

最初決まっていなくて2名と1名でバラバラの予約だったんですけど

ちゃんと並び席を用意して貰えてラッキーでした。

 

 ↑

桃園空港からの列車も開通したので台北駅までもスムーズで

早速朝ごはんに西門にある阿宗麺線へ。

前々回行った時にすっごく美味しくってもう一回食べたい!

と思っていたお店です。

今回、チリソースやニンニク風味のたれやお醤油?っぽいモノ

など、お好みでかけて食べられるようになってました。

(前からそうだったのかも知れないけれど)


 ↑

コンビニで売っていたミルクティー。

ピンクはローズ風味。紫はなんだっけかなあ・・。

 

 ↑

中山駅近くの京鼎楼で小籠包食べました。

ってか、肝心の小籠包の画像がない(笑)

先に来た空芯菜の炒め物とチャーハン達です。

小籠包も美味しかったぁ〜。

 ↑

そして!そして今年も食べれました!冰讃のマンゴーかき氷!

やっぱり美味しい♪

今回プリン付にしてみたんですけどこれがまた美味!

おかわりできそうだったけどガマンしました(笑)

 

そのあとはお買いものしまくりで、中山駅周辺で

ヌガーやパイナップルケーキ買ったり、スーパー行ったり

迪化街行ってみたりといろいろ散策。

 

最後に足つぼマッサージで足の疲れを癒し

足Spa養生健康館 足湯10分+足つぼマッサージ30分で399元)

 ↑

次女が職場の方から教えて頂いたさっくさくで美味しい

ドーナツ(脆皮鮮奶甜甜圈 ※リンク先は市場)を買って空港へGO!

 

飛行機は往復共に遅延なく翌金曜日1時前に羽田に到着。

そのまま次女のうちまでTAXIで帰ってシャワー順番に入って

オヤスミナサイ。

次女は翌朝長女宅からの出勤。

私は5:30頃家出て一旦自宅に帰ってこの日お天気めっちゃ良かったんで

ソッコーで洗濯して、出勤準備して会社へ〜。

やっぱりその日は午後あたりから睡魔との戦いが何度か

ありましたけど(笑)

0泊の弾丸やってみたら楽しかったし、また今度は台北市内の

違う場所をきわめてみたいなあなんて思ってます。

近々また行ってたら「コイツハマったな」って笑ってやって

くださいませ( *´艸`)

 

長々とシツレイイタシマシタ_(_^_)_

| | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://makimama.jugem.jp/trackback/33346
トラックバック
メールはこちら